健康のためには自分と相性の良い薬を探す努力が必要

健康のためには自分と相性の良い薬を探す努力が必要

まず、健康と薬を考えたとき、自分に合う薬を見つけることはとても大事なことです。
いくら一般的に効果が高いとされている薬であったとしても、体質との相性が悪ければ意味がありません。

 

薬は場合によっては副作用が出てしまうケースもありますから、杓子定規に薬を飲めばすべての病気症状が緩和されるというわけではないのです。
それを考えると、薬を飲むときには「この薬は自分に合うかな?どうかな?」ということを意識しながら飲まなければなりません。

 

安易に「飲んだから大丈夫」と薬を信頼しきって経過観察を怠ってしまうと、もしもその薬に大した効能がなかった場合、
無駄な薬を飲み続けることになってしまいます。シアリスジェネリック

 

以前私が自律神経失調症になったときは、医療機関で処方された薬をいくつか試していき、
結局は3種類目くらいに出された薬が1番効くとわかりました。

 

そのときの担当医師はもちろん私に対して「効くかどうか様子を見てくださいね」と言って下さいましたから経過観察には注意を払っていましたし、
1種類目2種類目のときの経過観察の結果が思わしくなかったからこそ3種類目の薬にたどりついたのです。

 

人によっては1種類目の薬が効く人もいるでしょうし、3種類目の薬まできても効かない人がいると思います。
それはそれぞれにある個体差の問題ですから、たとえ医者であってもなかなか判断できず、いろいろと薬を試しながら合う薬を探していくしかないのです。

 

医療機関はあくまで病気治療の手助けをする機関ですから決して万能ではありませんし、
薬に関することというのは特にその傾向が強いですから、経過観察をすることで常に自分と薬の相性を考慮しなければならないのです。ピル通販

 

ですから、たとえ薬に関して素人であったとしても、どの薬が効いてどの薬が効かないかくらいは体感でわかるはずです。
ですので、その体感で薬を選んでいく経験を積んでいき、どの薬が本当によく効くのかを理解していかなければならないと私は思います。

子ども時代は基本的には丈夫で、一年に1、2回、風邪をひく程度でした。
そのときも、うちの母の方針で、薬にはなるべく頼らず、できるだけ自然治癒を心がけていた記憶があります。

 

しかし、年齢と共に、薬を飲まずにいられない別の病気に悩まされるようになってきました。
それは、胃痛、胃もたれです。

 

まずは、大学生くらいから、こってりしたり、辛いものを食べたりすると、胃もたれを起こすようになってきました。
食べ放題、飲み放題の後は必ず胃を直撃して、翌朝、後悔する・・・という連続でした。バイアグラ通販

 

そのときは、病院に行くほどではなく、家にある胃薬を飲めば症状が治まっていました。
結婚してからも、引き続きよく胃もたれを経験しました。

 

暴飲暴食をしたり、また特に鍋料理のときは、明らかに次の日おなかをこわします。
熱いものと冷たいビールを交互におなかに流し込むので、お腹をいじめているようなものです。

 

この類の胃もたれには、食べ過ぎや飲み過ぎに効く胃薬がよく効くので問題はありませんでした。
ところが、胃もたれではなく胃痛の時は、前述の薬が効かないのです。

 

これは、「食」に原因があるのではなく、ストレスに原因があるんだろうと予測されます。
このときは、とりあえず、家にある胃薬を飲みます。

 

それが効かないときは、ドラッグストアーに足を運び、神経性胃炎に効く薬を購入します。
それでも、まだ効かないときは、薬剤師の説明が必須という少し強めの薬を試します。

 

ここまで数々の薬を飲んでも改善が見られないときは、いよいよ医療機関にお世話になります。
病院へ行き診察を受けると、まずはそれだけで症状が半減したような不思議な感覚を覚えます。ピル値段

 

そして、症状にあう的確な薬を処方してもらい、飲み続けると見事に治りました。
これからも、小さいときから私の中で根付いている、「病院にはなるべく行かない」という感情と「早く治したい」という葛藤にもがき続けるのだと思います。

 

私も、もうすぐ40歳。
健康への意識もより高まってきました。
病院、薬とその都度上手につきあっていきたいと考えています。

 

新薬が開発されてから実際市場に出回るまでは、かなりの年数がかかるという話を聞きます。

 

最近話題になっているデング熱の治療薬も、今ではまだこれから臨床実験をしたりしなければならず、
とてもではないですが今すぐ一般人が使えるようになるというものではありません。

 

それもそのはず、医療行為や薬品の投与というのは、一歩間違えれば体を傷つける可能性があるからです。
たとえば、一時的に症状を緩和させる効果の薬があったとしても、それを上回る副作用があっては意味がないです。シアリスジェネリック

 

ですから、万人にとって安全性が確認された薬でなければ、世の中に広めることはできないのです。
そのためには、慎重に慎重を重ねた臨床実験が必要ですし、そうして安全な薬だけを市場に出していかないと、
そもそもの薬に対する信頼度が低くなってしまいます。

 

そうなれば、健康のためには医療機関の助力と薬の助けが必要であるという今の考えが、根底から覆されない事態になってしまいます。
それは、薬に対する不信感につながってしまい、いずれは効く薬であっても疑うような状況になってしまうかもしれないのです。

 

それを考えると、いかに難病に効く薬が開発できたとしても、すぐに投与することはできず、
安全性が確認されてから投与されるという今の手順は、もどかしいようでいて正しい手順だということがわかります。

 

ですから、薬というのは世に広まるまでにとても時間がかかりますし、逆に世に広まっている薬というのは、
そうした厳しい臨床試験を突破してきた超安全な薬なのだということがわかります。シアリスジェネリック

 

つまり、私たちが健康のためを思って安心して薬を飲めるのは、度重なる臨床試験を繰り返してきた医療関係者のお陰であるということです。

 

ですので、薬に対しては全面的にその効果を信頼して良いと思いますし、そうして陰ながら信頼関係が保たれているのだと思います。
ですので、これからも薬に対しては厚い信頼をおいていきたいと思っています。

医療機関の診断というのは、医師によってそれぞれ異なることがあります。
大まかなラインでは同じかもしれませんが、たとえば治療方針が違ったり、手術をするかしないかが違ったり、薬の投与をどれくらいにするかが違ったりなどです。

 

同じ病気でも医師によって対応が違うのは、医療機関の方針もあれば、医師の見解も違うためによって起こることで、決して珍しいことではありません。
ですから、患者はセカンドオピニオンも考慮して診察を受けなければならないときがあります。

 

ただの風邪ならばそこまで深く考える必要はないのかもしれませんが、たとえばガンなどは慎重に慎重を重ねた判断をする必要があります。
ガンは早期発見早期治療をすれば治る見込みが高くなっています。バイアグラジェネリック

 

しかし、まだまだ難解で致死率の高い病気であることも確かで、病院によってどういう方針をとるかが違ってきます。

 

ですから、仮にがんだったとしたとき、その診断された病院だけで治療を受けるのか?それともセカンドオピニオンで違う病院の診察を受けるのか?
患者はよく考えなければならないのです。

 

ですので、自分の健康と医療機関との連携というのは、1つだけではなくて2つ以上存在するということも、よく覚えておかなければなりません。
その際、投薬する薬の内容も変わってくる場合がありますから、それぞれの医師から適切な指示を受け、あとは自分自身の判断で持って治療を選択します。

 

ただ、こうして選択肢が広がることは、実際に治療を受ける患者にとって必ずしも良いこととは言えないのかもしれません。
選択肢が広がれば広がるほど迷ってしまい、治療の開始が遅れてしまう可能性があるからです。バイアグラレビトラシアリス比較

 

ですから、セカンドオピニオンの存在を考えるときは、なるべく早く決断するということを前提にしていないと、
そのせいで治療の開始が遅れてしまって治るものも治らなかったら本末転倒です。

 

ですので、自分の健康を考えるときにはさまざまな選択を迫られるのです。

現代の医療の進歩は目覚しいものがあります。
しかし私は1つ疑問に思う事があります。

 

薬指薬の量が多すぎではないでしょうか?
私は中性脂肪の数値が高く、数種類ほど薬を飲んでいます。

 

加えてうつ病もありうつ病の薬も4種類ほど飲んでいます。
合計すると6錠の薬を一度に飲んでいるのですが、本当にこれで効くのかが不思議に思えます。

 

中性脂肪の数値は、下がったので薬が効いている事は間違いないと思いますが、毎日それだけの量の薬を飲んでいるとやはり不安を感じます。
西洋医学と東洋医学の違いと言えばそれまででしょうが、風邪をひいたという事で病院に行っても、3種類ないしは4種類の薬を処方されるあります。バイアグラ効果

 

薬による副作用などは今までに経験ありませんが心配になります。
確かに薬がなければ病気は治らないかも知れません。

 

そしてその薬の開発研究をする会社は世界中にどれほどあるの分かりません。
最近ではドラッグストアが非常に多くなりました。

 

ドラッグストアに行くと、白い服を着た専門の薬剤師の方がいらっしゃいますが、薬を見ていると色々説明をしてくれます。
私は基本的に痛み止めや頭痛薬など軽い痛みを抑える鎮痛剤はドラッグストアで買いますが、後は買いません。

 

必ず病院に行って抗生物質の入った薬をもらうようにしています。
風邪をひいてドラッグストアで風邪薬を買っても、抗生物質が入っていない為な中々治りません。

 

しかし店に並んでいる薬の種類の多さにはやはり目を引くものがあります。
それだけ開発して販売しても売れるということの裏返しでしょうか。

 

ただ、少しだけ頭が痛む、関節が痛むぐらいですぐに痛み止めを飲むようになると、抵抗力免疫力が下がるのではないかという心配があります。
ちょっと頭が痛いなぁと思えば横になってみたり、少し汗をかいてみたりそういう事で人間の体は抵抗力を養っていくものだと私自身感じています。

 

その思いとはまた逆に、仕事や学校を休まない為に、即効性のある薬は便利だなということも感じています。
思ってる事とやってる事が矛盾してますが、薬というものがそれだけ生活に根付いている証でもあるのです。

オススメサイト紹介