健康のためには自分と相性の良い薬を探す努力が必要

健康のためには自分と相性の良い薬を探す努力が必要

まず、健康と薬を考えたとき、自分に合う薬を見つけることはとても大事なことです。
いくら一般的に効果が高いとされている薬であったとしても、体質との相性が悪ければ意味がありません。

 

薬は場合によっては副作用が出てしまうケースもありますから、杓子定規に薬を飲めばすべての病気症状が緩和されるというわけではないのです。
それを考えると、薬を飲むときには「この薬は自分に合うかな?どうかな?」ということを意識しながら飲まなければなりません。シアリスジェネリック

 

安易に「飲んだから大丈夫」と薬を信頼しきって経過観察を怠ってしまうと、もしもその薬に大した効能がなかった場合、無駄な薬を飲み続けることになってしまいます。
以前私が自律神経失調症になったときは、医療機関で処方された薬をいくつか試していき、結局は3種類目くらいに出された薬が1番効くとわかりました。ピル通販

 

そのときの担当医師はもちろん私に対して「効くかどうか様子を見てくださいね」と言って下さいましたから経過観察には注意を払っていましたし、1種類目2種類目のときの経過観察の結果が思わしくなかったからこそ3種類目の薬にたどりついたのです。

 

人によっては1種類目の薬が効く人もいるでしょうし、3種類目の薬まできても効かない人がいると思います。ピル値段
それはそれぞれにある個体差の問題ですから、たとえ医者であってもなかなか判断できず、いろいろと薬を試しながら合う薬を探していくしかないのです。

 

医療機関はあくまで病気治療の手助けをする機関ですから決して万能ではありませんし、薬に関することというのは特にその傾向が強いですから、経過観察をすることで常に自分と薬の相性を考慮しなければならないのです。

 

ですから、たとえ薬に関して素人であったとしても、どの薬が効いてどの薬が効かないかくらいは体感でわかるはずです。
ですので、その体感で薬を選んでいく経験を積んでいき、どの薬が本当によく効くのかを理解していかなければならないと私は思います。

胃痛を感じたときどうするか・・・

子ども時代は基本的には丈夫で、一年に1、2回、風邪をひく程度でした。
そのときも、うちの母の方針で、薬にはなるべく頼らず、できるだけ自然治癒を心がけていた記憶があります。

 

しかし、年齢と共に、薬を飲まずにいられない別の病気に悩まされるようになってきました。
それは、胃痛、胃もたれです。

 

まずは、大学生くらいから、こってりしたり、辛いものを食べたりすると、胃もたれを起こすようになってきました。
食べ放題、飲み放題の後は必ず胃を直撃して、翌朝、後悔する・・・という連続でした。ピル値段

 

そのときは、病院に行くほどではなく、家にある胃薬を飲めば症状が治まっていました。
結婚してからも、引き続きよく胃もたれを経験しました。

 

暴飲暴食をしたり、また特に鍋料理のときは、明らかに次の日おなかをこわします。シアリスジェネリック
熱いものと冷たいビールを交互におなかに流し込むので、お腹をいじめているようなものです。

 

この類の胃もたれには、食べ過ぎや飲み過ぎに効く胃薬がよく効くので問題はありませんでした。
ところが、胃もたれではなく胃痛の時は、前述の薬が効かないのです。シアリスジェネリック

 

これは、「食」に原因があるのではなく、ストレスに原因があるんだろうと予測されます。
このときは、とりあえず、家にある胃薬を飲みます。

 

それが効かないときは、ドラッグストアーに足を運び、神経性胃炎に効く薬を購入します。
それでも、まだ効かないときは、薬剤師の説明が必須という少し強めの薬を試します。

 

ここまで数々の薬を飲んでも改善が見られないときは、いよいよ医療機関にお世話になります。
病院へ行き診察を受けると、まずはそれだけで症状が半減したような不思議な感覚を覚えます。

 

そして、症状にあう的確な薬を処方してもらい、飲み続けると見事に治りました。
これからも、小さいときから私の中で根付いている、「病院にはなるべく行かない」という感情と「早く治したい」という葛藤にもがき続けるのだと思います。

 

私も、もうすぐ40歳。
健康への意識もより高まってきました。
病院、薬とその都度上手につきあっていきたいと考えています。

 

オススメサイト紹介